スポンサーサイト

  • 2009.07.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サグラダ・ファミリアへ ◆‥磴鯏个

マリ・ドゴン族の村へ
ジャズ喫茶行脚
日記:毎日ジャズ・ゲーム・アート
亀の夢の庭へ


最初エレベーターのところに誰もいなくて、間違ったのか?と思ったりしたが何とかエレベータが動き出し、トップグループとしてこのサグラダファミリアの登りについた。
エレベータは途中までで、そこからは細い階段を登る。誰もいない。
そうしてようやく橋のあるところまで到達した。
<
BR>

真正面に建築現場が見える。



下を覗くと装飾の合間から地上に人が見える。





あの塔たちがそびえている。




近くで見ると、このガウディの複雑な造型はどうだ!


そして、サグラダ・ファミリアへ 

マリ・ドゴン族の村へ
ジャズ喫茶行脚
日記:毎日ジャズ・ゲーム・アート
亀の夢の庭へ


いよいよ、憧れのサグラダ・ファミリアです。アプローチは2階建てのバスです。
朝早くからバスに乗り、今日はサクラダ・ファミリアの最上部分に上るぞ、っと気合が入っています。
上に上るためにも、人の少ない早朝を狙っている。



2階建てのバスは2階部分がオープンになっていて、近づくにつれ、サグラダ・ファミリアの塔が路地の見通しからちらちら見えてくる。なかなかスリルのあるアクセスです。

バスは全体をぐるりと一周する。

 



サグラダ・ファミリアのどこなのだろう。


 







ここは正面らしい。

さあ、上るぞ!!

カサ・ミラ ◆_鮎紊すごい

カサ・ミラは昔の集合住宅のようで、昔の当時の近代的な部屋はかっこ良くて、魅力的だった。
そして、この屋上がすごい。
まるでアートの遊園地、と言う趣です。










カサ・ミラへ 

いよいよバルセロナの中のガウディです。
まず、カサ・ミラ。街中に見えてくるカサ・ミラは魅力的です。



中に入ると中が吹き抜け状で、ちょっと「ウワァー」と言う感じです。




スペインのバルは、騒がし、うまし

スペインには、あの有名なバルがあります。日本で言えば居酒屋でしょうか、もう少しレストラン寄りですね。
この店は、かなり有名な店で、2晩も行ってしまいました。2度目行くと覚えていてくれるのですね。しかも、自分の店を気に入ってくれた、と思って、思わず大きなにっこりがもらえます。


闘牛のヘッドがずらりとならんだ、闘牛きちがいのお店でしょう。闘牛に関した絵も飾ってあります。

料理もうまい、いろいろなものが食べられて、騒がしくって、たのしい。


ランブランス通り ◆\諺マーケット

この通りの中ほどに、かなり大きなマーケットがある。
どの国に行っても、マーケットは楽しいし、ほとんど必ず皆な元気がいい。
このマーケットも生き生きして、多くの人が騒ぎながら歩き回り、楽しい。