スポンサーサイト

  • 2009.07.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ランブランス通り   崗鳥の巣」売り屋台

バルセロナの目抜き通り、と言えば、ランブランス通り。
私たちの泊まった、ホテル ガウディもランブランス通りからちょっと入った小道に面していて、いつもこの通りを歩いていました。
この通りは、道の真ん中が広い歩道になっていて、その両側を車が走り、その外側にまたやや細い歩道があり、商店がずらりと並んでいる、と言う構造です。
ですから、ブラリと歩くのは、殆どこの広い中央の歩道を歩くことになります。
通るたびに気になったのが、小鳥の巣を売っている屋台の店です。
すべてが良くデザインされた、魅力的な巣で、買って日本まで持って帰るか悩んでいました。


どれも素晴らしいデザインです。
が、とうとう買っては帰りませんでした。ときどき、なぜ買って帰らなかったのだろう、と後悔します。


グェル邸 А.哀Д訶,禄了−最後は息子の姿入りです

グェル邸は、これで終了です。

息子の記念撮影で終わりにします。
外から見ても、内から見ても、このグェル邸、特に屋上の塔は楽しいですね。


グェル邸 Α,修譴ら・・・・・、また、塔があります

そして、塔・・・・一つ一つが素晴らしい。
どうやら、ガウディは細部までデザインして職人に作らせたのではなく、かなりの部分、職人の創造に任せた、という事らしいです。








グェル邸 ァ,修譴ら・・・・・

それから、これらの塔・・・・・。






グェル邸 ぁー,療磧扮貽諭砲蓮ΑΑ

次々にそびえる塔群は、なんと言う美しさだろう。
ものの本によると、ガウディは職人に大まかな指示をするだけで、後はかなりな部分が職人のイマジネーションによるそうです。






グェル邸  二番目に気に入っている塔

一番気に入っている塔は最初に出した虹のような塔ですが、二番目に気にって居るのが、この、樹木のような緑の塔です。



ちょうど、後ろに見える左端が私たちが泊まった部屋です。

美しいですね。